前近代日本でも、死者の遺体の積極的保存が行われた可能性がある

平安時代、天皇や高位の貴族が亡くなった際には、遺体は火葬されることが多かった。しかし、彼らの中にも、火葬を拒否し、土葬あるいは葬祭殿(御霊屋)への安置葬を希望した人々がいた。

そして、これは現在の日本では、特殊な場合でない限り死者は火葬されるため、忘れられがちであるが、そもそも日本は歴史的に見れば、火葬が非一般的であった時代の方が、圧倒的に長いのである。
“前近代日本でも、死者の遺体の積極的保存が行われた可能性がある” の続きを読む