「神聖な人物」の葬法とされた、往時のハワイの野焼き火葬法

以前筆者は、鳴海徳直氏が著書『ああ火葬』(新潟日報事業社、1995)で「日本古来の伝統的火葬法」であるとしている、遺骨が形崩れしないよう地面を少々掘り下げて薪を敷き詰め、そこに故人の遺体を置き、その上に薪や藁を被せて上部に点火する火葬法は、実際には近代以降の一時期・一地域の例に過ぎなかったのではないか、と仮定した。
“「神聖な人物」の葬法とされた、往時のハワイの野焼き火葬法” の続きを読む