海上の身元不明の死者を「福の神」として祀る習俗について

前近代の日本列島の幾つかの地域では、特に汽水域で溺死者やそれらしい遺体が発見された場合、沖へ突き流してしまうことがしばしばあり、中には江戸時代の江戸市中のようにそのように法律で決められている場合さえあった。
この法や慣習の存在を裏付けるような古記録や川柳や戯作も、幾つか残っている。
“海上の身元不明の死者を「福の神」として祀る習俗について” の続きを読む

タブー視された、偶然出土した過去の時代の遺骨

清朝末期の大衆向け絵入り新聞『点石斎画報』の中に、興味深い記事がある。

それは、江蘇省にあった陶磁器の産地「趙家窯」で、古代の貴人のものらしい墓が、偶然3基見つかったという記事である。

趙家窯のとある窯業従事者が、資材である粘土を掘っているうちに、偶然3基のレンガ造りの古代の墓を見つけた。そこからは大量の古銭や刀銭(古代中国のコインの一種。刀の形をしている)、宝石で作られた鏡、銅鏡、宝剣、様々な陶器が発見された。そして骨董鑑定家によって、これらは皆、秦王朝や漢王朝以前のものであるらしいとわかった。
“タブー視された、偶然出土した過去の時代の遺骨” の続きを読む

徳川将軍家も一種の「両墓制」と思われるしきたりを持っていた

仙台藩を築き、江戸時代の終わりまでそこを統治した大名の伊達家には、18世紀初頭に「時代遅れであり無益」とされて廃止されるまで、藩主や藩主夫人が亡くなった際「灰塚」を築くしきたりがあった。
この「灰塚」は、藩主・藩主夫人の棺を焼いた際の灰を埋めた塚である。彼らが死去した折、葬儀が行われる前に遺体や遺骨を埋葬してしまい、遺体(あるいは遺骨)の入っていない棺のみで葬儀を執り行うことが一般的であった。
仙台市内に現存する灰塚としては、筆者の知る限りでは初代藩主政宗と彼の母保春院のものがある。
“徳川将軍家も一種の「両墓制」と思われるしきたりを持っていた” の続きを読む