近現代に地方出身者が主要都市部の墓に葬られることは、一種のステイタスでもあった

前回の記事で、明治時代には主要都市部で亡くなった地方出身の住民がとにかく彼や彼女の住居の近くの墓に葬られることよりも、何とかして故郷の墓に葬られることを良しとする風潮が生まれ、折からの鉄道網の発達もそれを強化したため、火葬が少しずつではあるが普及してきたということに言及した。しかし一方では、この「何とかして故郷の墓に葬られることを良しとする風潮」とは異なる傾向も、一部の人々の間には生まれていたということにも言及した。

今回はその、「何とかして故郷の墓に葬られることを必ずしも良しとはしない風潮」について書こうと思う。

近現代に様々な分野で偉大な業績を残した人々はそれこそ様々いるが、中でも東京(いわゆる首都圏を含む)を主な活動拠点とした地方出身の人物の中には、故郷と絶縁した(あるいはそれに近い状況)というわけではないにも関わらず、故郷の墓でなく東京及び近郊の墓に葬られた人物が案外いる。近代型霊園墓地の誕生もそうした動きを後押しした(している)側面があるらしく、かつては郊外とされた地域も含めて都内に点在する霊園墓地には、地方出身の偉人たちの墓が複数みられる。

こうした、遠い故郷の墓よりも東京など彼ら彼女らの活動拠点であった大都市圏の墓に葬られることを良しとする傾向の理由については、それこそ個々人の思想信条や価値観とも密接に結び付いたものであり、完全に全く様々であるとしか言いようがない。

しかし時代背景を考えると、一つには「地方出身者が東京その他主要都市部でそれなりに地位を築き、死後はそのまま自分の活動拠点であった都市の墓に葬られる」ということが、いわゆる「立身出世」を遂げたことの一つの証左のようなものとされ、いわばステイタスとされた側面があったからではないかとも考えられる。明治〜昭和戦前・戦中期にはこの考え方はより顕著であり、実業家よりも政治家や軍人、文化人に強い傾向であったようである。また、特に学術や芸術で活躍した人物の場合には、いわゆる家制度や封建的な因習への抵抗の意味合いも含まれるケースが多いと思われる。

更にいうと、この「ステイタスとしての、主要都市部の墓に葬られること」は、前回少し言及したものの深入りしなかった、「(やはり文化人カテゴリーに入る)福沢諭吉が自分の葬儀で“虚礼廃止”を指向したこと」とも実は密接に結び付いたものだと解釈できる。筆者は前回、福沢の例は当時の知識人によって唱えられた「葬儀での“虚礼”」の辞退としては若干特殊であると書いた。

その「特殊性」とは、福沢が実際には生前既に、彼の遺体が土葬で葬られることを前提とした広さのある墓の土地を大崎にあった本願寺(なお福沢家の菩提寺であった寺院は麻布にあった善福寺であり、葬儀自体はそこで行われた)内に購入し、実際に亡くなった際土葬された点にある。この時期の知識人層の「葬儀での“虚礼”」辞退の多くは、死後に土地を余り多く占領しないことを指向して火葬を希望することも含まれていた。現に第2代代総理大臣の黒田清隆や、福沢と同様いわば日本初の近現代型社会学者ともいうべき中江兆民もこうした「葬儀での“虚礼”」の辞退をしている(なお中江のケースはいわゆる現代日本型「無宗教葬」のはしりともいえる葬儀であったが、それについては他の回で書きたいと思う)が、彼らは火葬されている。

その意味では福沢のケースは、言葉は悪いが明らかに「死後に土地をより広く占領した」ものであり、結局最後の最後でステイタスが重視されていたという点で、「葬儀での“虚礼”」を辞退した知識人の葬送としては「特殊」であったといえるだろう。

【参考文献】
此経啓助『明治人のお葬式』現代書館、2001
勝田至編『日本葬制史』吉川弘文館、2012

(寄稿)せっぱつまりこ

コメントを残す