ご案内

終活ライフケアプランナー・葬儀ライターとご活躍されている「せっぱつまりこ」さまが、日本における葬儀の歴史やなどを、分かりやすくお届けする専門サイトです。

記事一覧はこちら

最新記事

「遺体のない葬儀」としての、仙台藩主伊達家の灰塚葬

筆者は2016年頃から、仙台藩主伊達家の当主及び当主夫人の葬儀の際の、江戸時代初期に行われ18世紀初頭に当時の当主によって「時代に合わない無益なしきたり」とされて廃止された独特のしきたりに強い関心を持ち続けている。 その …

沖縄文化圏で戦後に火葬が普及した背景には、女性の人権を守る意味もあった

第二次世界対戦後の日本列島では、特にいわゆる高度経済成長期頃以降に一般市民層にも死者の遺体を火葬する習慣が普及(あるいは再普及)していった。 その理由については様々あるが、一般に狭い土地をより効率的に利用するという意味や …

戦前の大都市圏でそれなりに普及した火葬は、戦時中〜戦後に一度衰退した

民俗学者堀一郎が1950年11月に行った、(北海道や奄美・沖縄を除く)日本列島で当時どれほど死者の遺体を火葬することが一般的かという調査の中に、不思議な点がある。それは、この時点では首都圏や滋賀県の一部を除く京阪神圏、名 …

サイトマップ~記事一覧